2013/05/24

「運動会」

「みんなでたくさん入れよう!」

 

 

 新年度が始まって2ヶ月になろうとしています。新しい環境で生活を始めたみなさんは、慣れてきた頃でしょうか。
通学路では、真新しいランドセルに黄色い帽子の可愛い一年生が、お兄さん、お姉さんに混じって通学しています。

 先日、娘の小学校で運動会がありました。土曜日ということもあり、たくさんの人が応援に来ていて、とてもにぎやかでした。写真撮影や、ビデオ撮影に熱心なパパの姿も多く見受けられました。
地域によっては、今でも家族揃って校庭でお弁当を食べるところもあるようですが、最近、秋田市内の小学校の運動会では、午前中にすべてのプログラムが終了するようになっているようです。以前は、お昼に家の人に作ってもらったお弁当を食べ、その後、また午後の競技がありました。
 なぜ午後の競技がないのかと疑問に思っていたのですが、少子化の影響で児童数が少なく、徒競走などは、あっという間に終わってしまいます。また、以前はあったダンスや組み体操などの種目がなくなっているのです。種目は、徒競走のほかは、学年毎の玉入れや綱引き、趣向走などのほかに選手リレーのみ。たしかに、ダンスや組み体操などは、練習に多くの授業時間を費やすため、現在の授業時間数の中で行うのは、あまり好ましくないのかもしれません。でも、走ったりするのを応援するだけでなく、そのほかの「お楽しみ」もあっていいような気がします。物足りなさを感じているのは、私だけではないと思うのですが・・・。

 「運動会」について、ちょっと調べてみたのですが、介護施設でも運動会は実施するようで、車椅子や手足の不自由なお年寄りでもできるような競技を施設の方達で考えて行うそうです。かごを低い位置に設置しての玉入れ、大玉おくり、介護士やスタッフの方とペアになっての借り物競走やパン食い競争など。みなさんの楽しんでいる様子が、介護施設のホームページで紹介されていました。からだを動かすのは、リハビリにもなるでしょうし、気分転換にもなります。介護施設ではいろいろな行事を取り入れて、工夫されているようです。施設によっては、ホームページなどに行事の様子を掲載しているので、家族の介護をお願いする時には、その点も施設選びの参考にできると思います。

 おとなも子どもも、からだを動かすのは大切ですし、例え動きが鈍くなっても楽しいものです。ようやく秋田も、温かい日が続くようになってきました。日ごろ運動不足の私も、爽やかな風を受けて、季節の移り変わりを感じながら、子どもと一緒に運動したいと思います。
               (コロコニスタッフ 菊池)