1. ホーム
  2. 事業概要
  3. 女性研究者研究活動支援事業(H25〜H27)

事業概要

女性研究者モデル育成支援事業(H21〜H23)

平成25年度文部科学省科学技術人材育成費補助金
女性研究者研究活動支援事業(拠点型)
『「架橋型ソーシャルキャピタル」の形成による女性研究者支援』

 本プロジェクトは、秋田大学を拠点とし、秋田地域の大学や研究機関、企業、自治体など、多様な機関の女性研究者を支援するために、県内の人と人、人と組織、組織と組織を「つなぎ」、架橋型の女性研究者支援体制(ソーシャルキャピタル)を作り上げるものです。

プロジェクト遂行体制

イメージ図:プロジェクト遂行体制

主な実施内容

  • 秋田県内の女性研究者や女性大学院生同士のつながりを作り、情報交換の場づくりをします。
  • 高等教育機関、自治体、企業等とで「女性研究者支援コンソーシアムあきた」 を設立し、組織と組織のつながりを作り、女性研究者支援の組織的、社会的基盤を整備します。 
  • 秋田県内の女性研究者を対象とするメンター制度を実施するとともに、 「女性研究者支援コンソーシアムあきた賞」を設立し、女性研究者のキャリアアップを支援します。
  • 秋田大学の相談窓口(コンシェルジュ・デスク)や病児・病後児保育室を学外女性研究者に 開放し、秋田大学の持つ女性研究者支援のノウハウを広め、地域に浸透させます。
  • ポジティブアクションや研究倫理、女性研究者支援のための情報と理念を連携機関同士で共有できるようにします。

イメージ図:プロジェクト遂行体制

本プロジェクト遂行による最終目標

  • 3年後までに,連携体制を構築している高等教育機関全体の女性研究者比率20%以上
  • 3年後までに,連携機関に所属する女性研究者の競争的資金獲得件数および特許取得件数の増加
  • 「女性研究者支援コンソーシアムあきた」の設立
  • 女性研究者介護支援秋田モデル」の構築

期待できる効果

  • 潜在研究者の顕在化
  • ライフステージに応じたワーク・ライフ・バランスの実現
  • 博士課程進学者増加と研究実績の向上
  • 地域全体の意識改革による取組の加速

プロジェクト終了後

  • 秋田県女性研究者比率20%以上

イメージ図:プロジェクト遂行体制