1. ホーム
  2. ニュース
  3. 秋田大学「暮らしの保健室」ボランティアスタッフ募集について(28.2.9)

秋田大学「暮らしの保健室」ボランティアスタッフ募集について(28.2.9)

 

 秋田大学大学院医学系研究科附属地域包括ケア・介護予防研修センターから、「くらしの保健室」ボランティアスタッフ募集についてのお知らせです。

 地域包括ケア・介護予防研修センターは1月21日、本学医学部本道会館2階に「おらほの暮らしの保健室in秋田大学」を開設しました。
 「暮らしの保健室」は、イギリス各地にあるがん患者らのための支援機関「マギーズ・キャンサー・ケアリング・センター」がモデルとなっております。
 暮らしの保健室では、看護師や保健師等の専門職ボランティアと一般のボランティアが常駐し、来所者のお話を聞いたり、イベントを開催します。地域の方、大学病院を受診した方、高齢者の方、子供連れのお母さん等、誰もが気軽に立ち寄れる場所にしたいと思います。
 そこで、暮らしの保健室を運営していく上で必要な専門職ボランティアと一般のボランティアを募集しております。

募集人数:10〜20名
募集対象:●専門職ボランティア・・・看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、医師、薬剤師、介護支援専門員、介護福祉士等の医療・福祉職の資格をお持ちの方。
       ●一般ボランティア・・・特に必要な資格はありません。暮らしの保健室のお手伝いをしてみたいという方。
活動内容:来所者の方のお話を聞いたり、イベント開催のお手伝いをしていただきます。
応募方法:チラシ(裏)「ボランティアスタッフ参加申込用紙」に必要事項を記入のうえ、郵送またはFAXでお送り下さい。
お問い合わせ:暮らしの保健室 TEL018-884-6558
          地域包括ケア・介護予防研修センター TEL018-884-6557