1. ホーム
  2. ニュース
  3. 「日本学術振興会 特別研究員-RPD〜出産・育児による研究中断者への復帰支援フェローシップ〜」(平成29年度採用分)募集のお知らせ(28.3.8)

「日本学術振興会 特別研究員-RPD〜出産・育児による研究中断者への復帰支援フェローシップ〜」(平成29年度採用分)募集のお知らせ(28.3.8)

 

 日本学術振興会では、出産や育児による研究中断から円滑に復帰する環境を整備できるように、研究奨励金を一定期間支給し、研究活動再開を支援する特別研究員-RPDの平成29年度分の募集を開始いたします。

1.募集対象:
@平成29年4月1日時点で、博士の学位を取得していること(申請時で見込みでも良い)
A平成28年4月1日から遡って過去5年以内に、出産又は子の育児のため、概ね3ヵ月以上やむを得ず研究活動を中断した者(年齢・性別は問いません)

2.採用後の取扱い
@雇用期間は平成29年4月1日以降の3年間。また採用開始日は4パターンより選択できます。(募集要項を参照)
A雇用期間中は研究奨励金(362千円/月)が支給されます。
B科研費(特別研究員奨励費)の応募資格が得られます。(直接経費で150万円/月)

3.申請方法
@申請書類の作成と提出は電子申請システム(Web)で行います。ついては、申請希望者は事前にIDとパスワードを取得する必要がありますので、下記担当者に氏名・部局名(現職が無い場合は「無し」とする。)・連絡先(TELおよびメールアドレス)・特別研究員採用後の受入予定研究者の氏名をご連絡ください。
 担当者:秋田大学 学術研究課 総務・研究助成グループ 
 佐藤 文香
 連絡先:TEL018−889−3003
      Eメール:gakujutu@jimu.akita-u.ac.jp
A電子申請システムで申請書類の作成が可能になるのは4月上旬の予定です。ついては添付の様式等一式を参考に、あらかじめ内容検討をお願いいたします。
4.学内応募締切
  平成28年4月15日(金)

・【募集要項】平成29年度採用分特別研究員(RPD)
・平成29年度採用分申請書作成要領(RPD)
・【見本】申請書情報(申請書1〜3ページ)
・特別研究員−RPD申請者K博士の状況、L履歴別紙
・申請内容ファイル(申請書4〜12ページ)
・【見本】評価書1
・【見本】評価書2
・申請内容ファイル等を電子申請システムに取り込む際の注意点