環境管理活動展開中!~定期審査編~

2014年01月15日

国際言語文化課程日本・アジア文化選修 内田 昌功


 教育文化学部は、継続的に環境管理活動を行い、ISO14001の認証を取得しています。
 ISO14001の認証を得るためには、展開している環境管理活動について、外部の審査機関による年1回の定期審査、3年に1回の更新審査を受ける必要があります。
 本年度は定期審査の年で、12月17日午後に附属学校園、18日午前に教育文化学部の審査が行われました。審査は文書審査と実地審査からなり、サンプリング方式で行われます。附属学校園の審査では、各副校園長へのヒアリングと小学校及び幼稚園の実地審査が行われました。また学部では、環境負荷の大きいボイラー室から始まり、次いで1号館、4号館、3号館において環境活動の審査や教職員・学生へのインタビューが行われました。


附属学校園でのヒアリング審査


 ボイラー室での実地審査



審査員からインタビューを受ける理科教育の学生


審査終了後、審査員より以下の諸点について「良い点」の評価を受けました。
 ・生活者科学選修におけるすだれの研究と情報発信
 ・理科教育における薬品管理についての指導・教育、学生の環境意識
 ・附属学校園における環境教育・活動
 ・ボイラー室における適切な点検管理
また同時に以下のような提案もありました。
 ・リサイクル活動については、その後の資源化の過程を追跡し、教育に取り入れることで、資源再生
 の必要性をより実感できるようになるのではないか。

 審査は認証取得のために必要というだけでなく、外部の専門の審査員のチェックをとおして環境活動の改善点を見出す貴重な機会でもあり、今回も有用な指摘が得られました。こうした指摘も参考にしながら、年度末には来年度の活動計画を策定していくことになります。
 教育文化学部は今後も継続的に環境改善に取り組んでいきます。