1. ホーム
  2. 学部案内
  3. 地域文化学科

地域文化学科

地域文化学科の目的

 地域活性化に貢献する人材の養成

  1. 地域の経済や文化の活性化、生活・コミュニティの創成・再生などの様々な方面で、地域振興活動の中核となり得る能力・資質を有する人材の養成。
  2. 人々の生活・活動を展望しつつ、地域における生産・消費動向を分析し、新たな商品開発や販売戦略のアイデアを示し、地域経済の活性化に貢献できる人材の養成。
  3. 高齢化、少子化、過疎化の現状と課題を捉え、文化的・精神的に豊かな生活を保障する地域社会の構築のために、地域活動計画を立案し実践できる人材の養成。
  4. 生活や文化、環境などの多様な地域資源を発掘し、新たな価値を発見・創造してその活用方法を提案できる人材の養成。

教育方法の特色

  1. 地域の実情を理解し、地域住民の視点や地域住民との協働の重要性を自覚させるために、キャンパスと地域現場とを結びつけた新たな実践的教育システムを構築します。そのためのコア・カリキュラムとして、「地域学基礎」、「地域社会基礎ゼミ・人間文化基礎ゼミ」、「地域連携プロジェクトゼミ・特定地域研究ゼミ」を各年次に配置します。
  2. 従来の社会科学・人文科学・自然科学という枠を越えた総合的視点から、基礎・基盤・基幹・発展と段階的に地域の実態に対する理解を深めることを目的としたコース・プログラムに加えて、専門分野についての知見や研究方法を深めるための専攻制度を導入し、専総合性と専門性を両立させうる教育システムを構築します。
  3. フィールドワークを軸として、座学による理論研究や資料調査などの実習を有機的に組み合わせるとともに、統計や情報処理の方法によって分析能力を向上させる、実社会に対する適応力と実践力の育成に力点を置いた教育をおこないます。
  4. 地域生活の特質と課題が、広く現代社会・現代生活のなかにどのように位置づけられるのか、それが日本および世界の歴史や文化のなかでどのような位置を占めるのかを適正に認識させるために、従来の諸科学の成果を着実に習得させる教育をおこないます。