1. ホーム
  2. 教育・学生生活
  3. キャンパスライフ
  4. 教育実践コースの紹介

教育実践コースの紹介

コース説明

 主に小学校を主免とした教員を育成するコースです。一年次は小学校教科について教育学を一通り履修し、二年次から各教科の研究室に所属するので、一年間学びながら専門教科を選択することができます。
 小学校を主免としたコースですが、ほかの校種の免許を取得することもできます。これらは幼稚園や中学校、高校との接続に役立ち、特別支援の知識も備えていればどの子どもたちも学びやすい環境を整えることができます。
 私たちの努力や研究は将来出会う、すべての子どもたちにつながっています。
 教師になりたいけれど校種(小、中、高)や教科で迷っている、幅広く教育学を学んで秋田県の教員になりたい、そのような夢を持つあなた!ぜひ秋田大学で自分らしい教職の道を歩んでみませんか。

 


スポーツ実習X(柔道)にて。一年次体育研究室志望の女子学生。

おすすめの授業『初等国語科教育学』

 みなさんが履修する中で、おすすめの授業は一年次前期で履修する阿部昇教授の『初等国語科教育学』という授業です。大学に入ってすぐで、授業について何もわからない状態で「国語」と聞くと、どうしても高校のような授業を思い出して「ちょっとなぁ・・・」と思う人もいるかもしれません。正直、授業を受けるまでは自分もそう思っていました(ごめんなさい)。ですが、阿部先生の授業を受けてみてその考えは一変しました。実際に小学校で用いられている「スイミー」や「ごんぎつね」といった教材を用いた授業で、学生が自主的に発言して作り上げられていく授業なのですが、その中でしっかりと飽きない工夫がなされており、さらに小学校教育の基礎となる方法などについても教えていただけるため、本当に自分のためになりました。教育実践コースの方は皆さんが履修することになりますが、国語に興味のある方や教育について興味のある方も是非受講してみてください。

 

執筆者
田代悠夏 平成27年度入学 秋田県立大館国際情報学院高等学校出身

藤井大地 平成27年度入学 秋田県立大曲高等学校出身