1. ホーム
  2. 教育・学生生活
  3. 国際交流状況

国際交流状況

 教育文化学部では、世界にあるさまざまな社会、文化、言語の勉強を重要視しており、国際交流の推進、留学支援制度の充実を進めています。

学生の留学支援

学生交換に関する協定を結んでいる協定校へ留学する場合、協定校における授業料が免除されます(定員あり。期間・形態により例外もあり)。併せて、大学から往復の旅費の援助が受けられる制度があります。

  • 秋田大学学生海外派遣支援事業
    ※1年程度の期間、国際交流協定校の交換留学生や外国の大学及び研究機関の研究生になる場合、往復に要する旅客運賃をアジア圏(韓国・中国・台湾・東南アジア)上限4万円、それ以外、上限12万円を支給します。
  • 留学体験記

大学の支援事業の他にも日本学生支援機構の留学生交流支援制度や、外国政府奨学金留学生、民間団体による奨学金等、留学を支援する制度や奨学金があります。
交換協定を結んでいない大学であっても留学することは可能です。
また、経済的な援助だけでなく、留学先に関する情報や留学に必要な言語運用力、経費等について、国際交流センターや国際交流協定校の窓口担当教員が相談に応じます。

 

教育文化学部との国際交流協定校、窓口教員一覧

国・地域名 大学名 窓口教員
中国 黒龍江大学 羽田 朝子 准教授
大連民族大学 内田 昌功 准教授
蘭州大学 内田 昌功 准教授
長安大学 杜 威 教授
北華大学 杜 威 教授
韓国 国立ハンバット大学校 高村 竜平 准教授
圓光大学校 高村 竜平 准教授
アメリカ セイント・クラウド州立大学 村上 東 教授
オーストラリア グリフィス大学 佐々木 雅子 教授
Paterson Adrian 准教授
ルーマニア ブカレスト大学 高村 竜平 准教授
台湾 龍華科技大学 羽田 朝子 准教授
イスラエル ハイファ大学 村上 東 教授

 

教育文化学部の外国人留学生数

平成26年5月1日現在

国・地域名 教育文化学部 大学院教育学研究科
正規 非正規 正規 非正規
国費 私費 国費 私費 国費 私費 国費 私費
中国
 
7 (2)
1 (1)
23 (21)
     
マレーシア
               
ベトナム
 
1 (1)
           
韓国
 
2 (2)
 
11 (7)
       
モンゴル
     
5 (4)
       
台湾
     
5 (5)
       
ルーマニア
   
1 (1)
2 (1)
       
ケニア
     
1 (1)
     
アメリカ
     
       
イスラエル
   
1 (1)
         
ペルー
           
 
ブルキナファソ
           
 
ロシア
   
         
カンボジア
   
1 (1)
         
合計
0
10 (5)
5 (4)
48 (39)
2
0
2
0

※「国費」とは日本政府(文部科学省)奨学生を示し、大学推薦・大使館推薦・国内採用を含む。
※「非正規」とは、国費の日本語・日本文化研修留学生、教員研修留学生、私費の特別聴講学生/特別研究学生(交換留学生)、科目等履修生、研究生を指す。

協定校への留学生数

(年度内留学の学生数)

  国・地域名 大学名 H19 H20 H21 H22 H23 合計
アジア
中国
黒龍江大学   1 1 1 2 5
蘭州大学       1 1 2
韓国
国立ハンバット大学校 4 2 3 2 2 13
圓光大学校 2 2 2 2   8
台湾
龍華科技大学         1 1
北米
アメリカ
セイント・クラウド州立大学 4 3 1 1 3 12
オセアニア
オーストラリア
グリフィス大学 2 1 1 1 1 6
ニュージーランド
オークランド工科大学 ※ 1         1
欧州
フィンランド
ケミ・トルニオ応用科学大学         1 1
ルーマニア
ブカレスト大学       1 2 3
イタリア
カリアリ大学         2 2
中東
イスラエル
ハイファ大学         1 1
アフリカ
ケニア
ケニヤッタ大学         2 2
合  計
13 9 8 9 18 57

※ 現在協定はありません。