1. ホーム
  2. Topics & News
  3. 【全3回:2/17,2/20,3/16】秋田大学教職大学院「あきたの教師力高度化フォーラム」を開催します

【全3回:2/17,2/20,3/16】秋田大学教職大学院「あきたの教師力高度化フォーラム」を開催します

 平成28年度に発足した秋田大学教職大学院は2年が経過しようとしています。1年プログラムである学校マネジメントコースはすでに修了生を出していますが、大学院としては今年度が完成年度となり、その成果が試される時となっています。
 同時に、中教審答申(2015年12月)や有識者会議報告(2017年8月)などにより、教員養成、研修、採用の一体化、体系化が求められ、教員養成系学部、教職大学院、附属学校園が果たすべき役割は大きくなっています。
 年度末ではありますが、秋田における教師力の一層の高度化を目指して、全3回のフォーラムを企画しました。日時やテーマをご覧になり、ぜひ多くの方のご参加をいただけますよう、お願いいたします。

  秋田大学教職大学院「あきたの教師力高度化フォーラム」
日時 第1回 平成30年2月17日(土) 9:30〜16:30(9:00開場)
第2回 平成30年2月20日(火)13:30〜17:00(13:00開場)
第3回 平成30年3月16日(金)14:30〜17:10(14:00開場)
会場 秋田大学60周年記念ホール他
秋田県秋田市手形学園町1番1号
内容
(第1回)
テーマ「秋田大学教職大学院の成果と未来への期待」
■第1部 9:30〜10:20 (3会場)
中間発表
 カリキュラム・授業開発コース1年次現職院生、発達教育・特別支援教育コース1年次現職院生
■第2部 10:25〜11:35 (3会場)
教育実践研究発表
 カリキュラム・授業開発コース2年次現職院生、発達教育・特別支援教育コース2年次現職院生
■第3部 13:00〜14:30(60周年記念ホール)
鼎談「教職大学院に期待すること」
 鎌田 信 氏(秋田県教育庁教育次長)
 吉川正一 氏(大仙市教育委員会教育長)
 コーディネーター:佐藤修司(教職実践専攻長)
■第4部 14:45〜16:00(3会場)
教育実践研究発表
 学校マネジメントコース1年次現職院生
■第5部 16:15〜16:30(60周年記念ホール)
全体行事
 研究科長あいさつ
 来賓あいさつ
 閉会あいさつ
内容
(第2回)
テーマ「教員育成指標を養成・研修にどう活かすか」
■開会 13:30〜
開会あいさつ
■第1部 13:35〜14:25
秋田県総合教育センターとの連携授業「教職発展演習」学生発表
秋田県総合教育センター研修員からの講評
■第2部 14:30〜15:30
講演「教員育成指標と教職課程コアカリキュラムが目指すもの」
 牛渡 淳 氏(仙台白百合大学教授(前学長)、中教審教員養成部会臨時委員、文科省「教職課程コアカリキュラムの
 あり方に関する検討会」委員、前日本教育経営学会会長、東北アメリカ学会会長)
■第3部 15:40〜16:55
パネルディスカッション 「教師力の高度化に向けて教員育成指標を養成・研修にどう活かすか」
■閉会 16:55〜
閉会あいさつ
内容
(第3回)
テーマ「教員養成のこれからを考える−まなびの総合エリア8周年を迎えて−」
■開会 14:30〜
開会あいさつ
■第1部 14:35〜15:05
報告「まなびの総合エリアの8年間とこれから」
 神居 隆(秋田大学教職大学院特別教授)
■第2部 15:10〜16:10
講演「有識者会議報告が求めるもの」
 福島哉史 氏(文部科学省高等教育局大学振興課教員養成企画室室長補佐)
■第3部 16:20〜17:05
パネルディスカッション「学部・研究科・附属のこれから」
■閉会 17:05〜
閉会あいさつ
対象 国公私立大学教職員、教育委員会、教員志望学生・大学院生など
申込方法 参加を希望される場合は、第1回と第2回については2月7日(水)までに、第3回については3月7日(水)までに、
下記のE-mailまたはFaxにより所定の申込書を送付してください。
問合せ先 秋田大学教育文化学部総務担当
〒010-8502 秋田市手形学園町1−1
Tel 018-889-2503
Fax 018-833-3049
E-mail kyosou@jimu.akita-u.ac.jp
備考 詳細は添付のポスターをご覧ください。