1. ホーム
  2. 大学院案内
  3. カリキュラム

カリキュラム

履修方法

修了に必要な単位数は以下のとおりとする。

 

心理教育実践専攻

心理教育実践コース

区分 科目区分 修得単位数 備考
必 修

共通科目

6単位  
臨床心理士関連科目 16単位  
選 択 学校心理士関連科目 2単位以上  
臨床心理士関連科目 10単位以上 A群からE群までの各科目群からそれぞれ2単位以上
合計 34単位以上  

 

教職実践専攻

学校マネジメントコース

区分 科目区分 修得単位数 備考
必 修

共通科目

12単位 各領域から1科目ずつ5科目10単位及び他の共通科目から1科目2単位
コース科目 8単位 所属コースの必修科目4科目8単位
実践省察科目 2単位 修業年限2年の場合は4単位
実践実習科目 10単位 注(1)参照
選択

共通科目及び

コース科目
8単位以上

共通科目及び所属のコース科目から4科目8単位以上

修業年限2年の場合は6単位以上

コース科目及び

他コース科目
6単位以上 各コース科目から1科目ずつ3科目6単位以上
合計 46単位以上  

 

カリキュラム・授業開発コース及び発達教育・特別支援教育コース

区分 科目区分 修得単位数 備考
必 修

共通科目

20単位  
コース科目 4単位 所属コースの必修科目2科目4単位
実践省察科目 4単位 注(2)参照
実践実習科目 10単位 注(3)参照
選択

コース科目

4単位以上 所属コースの科目から2科目4単位以上

コース科目及び

他コース科目
4単位以上 所属コース及び他コース科目から2科目4単位以上
合計 46単位以上  

 

注(1)

学校マネジメントコースの学生は,「教職経営プロジェクト」4単位を必修とする。さらに,履修年限1年の学生は,実践実習科目10単位のうち6単位分を免除する。ただし,免除することの代替として,以下の措置を取る。
@1年次前期のリフレクションを通じて「教職経営リフレクションレポートT」を作成し,評価の上,2単位分として認定する。

A1年次後期のリフレクションのまとめとして,「教職経営リフレクションレポートU」(学校経営アクションプラン)を作成し,評価の上,4単位分として認定する。このレポートを実践研究報告書として提出し,審査を受けるものとする。

履修年限が2年以上となる学生は,2年次に「教職実践プロジェクトU」6単位を必修とし,加えて「教職実践リフレクションU」を履修する。
@1年次のリフレクションを通じて「教職経営リフレクションレポートT」を作成する。

A2年次のリフレクションを通じて,「教職経営リフレクションレポートU」(学校経営アクションプラン)を作成する。このレポートを実践研究報告書として提出し,審査を受けるものとする。

 

注(2)
カリキュラム・授業開発コース及び発達教育・特別支援教育コースの学生は,「教職実践リフレクションT」及び「教職実践リフレクションU」の2科目4単位を必修とする。
@1年次のリフレクションを通じて「教職実践リフレクションレポートT」を作成する。

A2年次のリフレクションを通じて「教職実践リフレクションレポートU(現職教員は,学校改善アクションプラン)」を作成する。このレポートを実践研究報告書として提出し,審査を受けるものとする。

 

注(3)

カリキュラム・授業開発コース及び発達教育・特別支援教育コースの現職教員学生は,「教職実践プロジェクトT」及び「教職実践プロジェクトU」の2科目10単位を必修とする。カリキュラム・授業開発コース及び発達教育・特別支援教育コースの現職教員学生以外の学生は,「教職実践インターンシップT」及び「教職実践インターンシップU」の2科目10単位を必修とする。

修了認定

心理教育実践専攻の修了認定は次のとおりとする。

  1. 所定の期間在学すること。
  2. 所定の履修基準を満たし,34単位以上履修すること。
  3. 学位論文または特定の課題についての研究の成果の審査及び最終試験に合格すること。
  4. 学位論文の審査及び最終試験は,3人以上の学位審査委員会により行う。

 

学位論文を提出できる者は,研究科に1年以上在学し,所定の授業科目について24単位以上(当該年度中に修得見込みの単位も含む。)を修得した者とする。

 

教職実践専攻の修了認定は次のとおりとする。

  1. 所定の期間在学すること。
  2. 所定の履修基準を満たし,46単位以上履修すること。
  3. 実践研究報告書の審査及び最終試験に合格すること。
  4. 実践研究報告書の審査及び最終試験は,3人以上の学位審査委員会により行う。

学位

心理教育実践専攻を修了した者には,修士(教育学)の学位を授与する。

教職実践専攻を修了した者には,教職修士(専門職)の学位を授与する。

取得できる教育職員免許状の種類

専 攻 コース 取得できる免許状
学校種
教科・領域
教職実践 学校マネジメントコース
カリキュラム・授業開発コース
発達教育・特別支援教育コース
幼稚園  
小学校  
中学校

国語,社会,数学,理科,

音楽,美術,保健体育,家庭,技術,英語
高等学校 国語,地理歴史,公民,数学,理科,音楽,美術,保健体育,家庭,工業,情報,英語
発達教育・特別支援教育コース 特別支援学校

知的障害者・肢体不自由者 ・病弱者

臨床心理士受験資格について

 臨床心理士受験資格は,日本臨床心理士資格認定協会が心理教育実践専攻心理教育実践(臨床心理学)コースを第1種指定校として認定したことによる受験資格である。

  この資格を得るためには,心理教育実践専攻において指定科目の単位を修得し,臨床心理学分野の課題研究と学位論文審査に合格しなければならない。

学校心理士資格について

 学校心理士, 学校心理士補の資格認定は 「学校心理士」 認定運営機構が行う。 心理教育実践専攻において指定科目の単位を修得した場合は学校心理士補の資格を, また, 指定科目の単位を修得し, かつ1年以上の学校心理学に関する専門的実務経験を有する場合には学校心理士の資格を申請することができる。

教職チャレンジ制度について

 教職チャレンジ制度は,大学院生に学部開講の授業を無償で開放し,希望校種の教員免許状を取得できる制度である。取得できる免許状は原則として1校種であり,中学校及び高等学校の免許状においては1教科・領域に限る。また,大学院で所定の単位を修得することにより,専修免許状を取得することもできる。

 ただし,修得済みの教職科目の単位数の関係で,在学期間は3年から4年になる可能性がある。