1. ホーム
  2. 大学院案内
  3. 心理教育実践専攻

心理教育実践専攻

心理教育実践専攻心理教育実践コース(臨床心理学)は、学校教育現場や心理臨床現場で有効に機能する心理面接技法やその理論の開発を中心とした臨床心理学的研究を行うことを通して、学校教育、医療や福祉、司法矯正等に対応した実践と研究ができる臨床心理士の育成を目指します。

心理教育実践専攻の特徴

  1. 日本臨床心理士資格認定協会 第1種指定大学院
    病院実習や福祉・教育環境などに対応した実践と研究ができる臨床心理士の育成を目的とした臨床心理士の資格養成機関です。財団法人日本臨床心理士資格認定協会から、養成機関として、第1種認定を受けています。
  2.  学校心理士のカリキュラムの提供
    『学校心理士』認定運営機構 による学校心理士の資格が得られるカリキュラムを構成しています。学校心理士は心理学の専門的知識と技能を学び、教育現場の教員等が子どもを取り巻く環境に対してより専門的な心理教育的援助サービスを行えるようになります。
  3. 多様な分野での臨床心理活動
    授業を受けもつ教員の臨床心理活動は、スクールカウンセリングや病院臨床等、多岐にわたり、様々な領域の臨床心理活動について、現場の生の声を聞くことができます。
  4. 現場での体験型の授業
    大学附属の臨床心理相談室での陪席やケース担当、精神科・デイケア・小児科・児童相談所での実習等、現場での実践経験の機会が多く設けられています。また、平成21年度から開始された適応指導教室実習は、不登校の子どもたちと関わる貴重な場です。