教育文化学部は、教師をめざす人のための「学校教育課程」と地域で活躍する公務員・企業人をめざす人のための「地域文化学科」の2つで構成されています。学校教育課程、地域文化学科とも、皆さんの求める学びを深めるために様々なコースを用意しています。

学校教育課程は、「教育実践コース」、「英語教育コース」、「理数教育コース」、「特別支援教育コース」、「こども発達コース」の5コースからなります。いずれのコースでも全国トップレベルの学力を支えてきた秋田の「実践知」を大学での授業や教育実習を通して学ぶことができます。また、1年次から子どもとじかにふれあう体験活動を系統的に配置し、子ども理解と実践力の向上を図るカリキュラムを用意しました。教師をめざす皆さんが専門的な知識と高い実践力を持ち、4年後には「子どものことが大好き」な教師として教壇に立っていることを確信します。

地域文化学科は、「地域社会コース」、「国際文化コース」、「心理実践コース」の3コースからなります。「地域社会コース」では法学や経済学、社会学などの社会科学系の学問と地域でのフィールドワークを両輪に、総合的な視野から地域の再生と創造をめざす力を養成します。「国際文化コース」では文学や芸術、歴史、言語学などの人文科学系の学問をを踏まえながら、外国語学習(英・独・仏・露・中・韓)や海外研修などを通してグローバルな視点から地域を捉え、国際化を進める力を養成します。「心理実践コース」では心理学の基礎理論や実験、面接などの基本技能を学び、地域でのフィールド調査や活動を通して、地域を支える「こころの専門家」の養成にあたります。

今、みなさんに求められているものは、コミュニケーション能力とチーム力です。これは立場や世代が違う人を理解し、自分との接点を見つけ、関係をつないでいく力ともいえます。知の多様性を尊重し大切にする教育文化学部において、実習やフィールドワーク、ゼミを通じてこれらの力をしっかりと身につけることができます。

共に学び合いましょう
あなたの大学生活を実り多いものにするのは、よき師よき友との出会いです。教育文化学部には、多くの出会いによって、人として成長できる環境が整っています。ぜひ我々と共に学び、夢の実現のための第一歩を踏み出しましょう。

教育文化学部長 佐藤 修司