沿革

学部

明治6(1873)年 秋田県伝習学校を秋田市千秋(旧下中城町)に創設(9月)。
明治7(1874)年 太平学校に改称し、秋田市中通(旧東根小屋町)に置く(7月)。伝習科、中等科、附属小学校設置。
明治11(1878)年 秋田県師範学校に改称(4月)。
秋田師範学校に改称(12月)。
明治13(1880)年 秋田女子師範学校を秋田市中通(旧西根小屋町)に開設(5月)。
明治15(1882)年 秋田師範学校から中学校師範予備科が独立し、秋田中学校(現秋田高等学校)開設(9月)。
明治19(1886)年 秋田女子師範学校を秋田師範学校に合併(4月)。 秋田尋常師範学校に改称(8月)。
明治31(1898)年 秋田県師範学校に改称(4月)。
明治42(1909)年 秋田県師範学校から秋田県女子師範学校を分離(9月)。 秋田県師範学校を秋田市手形(旧旭川村深田)に移転(9月)
大正13(1924)年 秋田県立実業補習学校教員養成所を秋田県立農事試験場に併設して、秋田市泉(旧旭川村泉)に開設(4月)。
昭和4(1929)年 秋田県師範学校を秋田市保戸野(旧旭川村保戸野原町)に移転(6月)。
昭和10(1935)年 秋田県立実業補習学校教員養成所を秋田県立青年学校教員養成所に改称(4月)。
昭和14(1939)年 青年学校教員養成所を秋田市保戸野(旧保戸野愛宕町)に移転(3月)。
昭和16(1941)年 青年学校教員養成所を秋田市四ツ小屋に移転(7月)。
昭和18(1943)年 秋田県師範学校と女子師範学校を統合し、官立秋田師範学校開設(4月)。
昭和19(1944)年 青年学校教員養成所廃止、官立秋田青年師範学校開設(4月)。
昭和24(1949)年 秋田師範学校と秋田青年師範学校を統合し、国立秋田大学学芸学部開設(5月)。
一部(四年課程)と二部(2年課程)のそれぞれに甲類(中学校教員養成課程)、乙類(小学校教員養成課程)を置く。
学芸部(人文科学科、社会科学科、自然科学科)は保戸野に、教育部(教育学科、職業学科、芸能学科、体育学科)は中通に、農場は四ツ小屋に置かれる。
昭和36(1961)年 課程名称を甲類(高等学校・中学校教員養成課程)と乙類(小学校・幼稚園教員養成課程)に改称(4月)。
昭和37(1962)年 甲類を中学校・高等学校教員養成課程に、乙類を小学校・幼稚園教員養成課程に改称(4月)。 秋田市中通と保戸野から手形へ移転(12月)。
昭和40(1965)年 学芸専攻科教育専攻設置(4月)。
昭和42(1967)年 国立秋田大学教育学部と改称(6月)。 学芸専攻科を教育専攻科に改称。
昭和43(1968)年 養護学校教員養成課程設置(4月)。
昭和48(1973)年 幼稚園教員養成課程設置(4月)。小・幼課程は小学校教員養成課程に改称。
昭和52(1977)年 教育工学センター設置(4月)。
昭和55(1980)年 特殊教育特別専攻科設置(4月)。
昭和57(1982)年 中学校・高等学校教員養成課程を中学校教員養成課程に改称(4月)。
平成元(1989)年 教育専攻科廃止(3月)。 教育学研究科を設置し、学校教育専攻と教科教育専攻を置く(4月)。
平成2(1990)年 四ツ小屋の農場廃止(3月)。
平成3(1991)年 情報科学課程設置(4月)。
平成4(1992)年 教育工学センターを教育実践研究指導センターに改称(4月)。
平成10(1998)年 教育学部を教育文化学部に改組・改称(4月)。学校教育課程と地域科学課程、国際言語文化課程、人間環境課程で構成。
平成12(2000)年 教育実践研究指導センターを教育実践総合センターに改称(2月)。
平成14(2002)年 教育学研究科学校教育専攻に心理教育実践専修設置。臨床心理士受験資格第1種認定(4月)。
平成16(2004)年 国立大学法人秋田大学教育文化学部に改称(4月)。
平成20(2008)年 特殊教育特別専攻科廃止(3月)。
平成21(2009)年 秋田大学教員免許状更新講習推進センター設置(4月)。 秋田大学横手分校開設(8月)。
平成22(2010)年 教育実践総合センターを教育実践研究支援センターに改称(4月)。 秋田大学北秋田分校開設(11月)。
平成23(2011)年 秋田大学地域創生センター設置(4月)。
平成25(2013)年 秋田大学男鹿なまはげ分校開設(9月)。
平成26(2014)年 教育文化学部改組(4月)。学校教育課程と地域文化学科で構成。
平成28(2016)年 教育学研究科改組(4月)。学校教育専攻と教科教育実践専攻を廃止し、教職実践専攻(教職大学院)と心理教育実践専攻を設置。

附属幼稚園 ▼

附属小学校 ▼

附属中学校 ▼

附属特別支援学校 ▼

「校地・校舎・校歌の今昔について」はこちら

「学貴日新」(学んで日に新たなるを貴ぶ)についてはこちら