1. ホーム
  2. 秋田大学みらい創造基金
  3. 教育文化学部寄附金

教育文化学部寄附金

「アクティブ・ラーニング指導法実習室」整備

 現在、小中高の学校現場では、ICT等を活用したアクティブ・ラーニング環境の整備が急速に進められています。その一方で、そうした施設を自在に活用し、効果的な学習指導を行える教員の不足が続いている状態です。
 こうした現状の打開に向けて、秋田大学教育文化学部では、より学校現場に近い環境でアクティブ・ラーニングの指導法の研究・開発や実習を行なうために、みらい創造基金事業・教育文化学部寄附金(特定基金)により、 教育文化学部4号館に「アクティブ・ラーニング指導法実習室」を整備しました。
 この整備により、平成29年度から「ICTを活用した教育の実践と課題」など、実習室を活用した授業を展開し、学生からも好評を得ております。

教育文化学部HP




アクティブラーニング指導法を学ぶ授業の様子