ISO14001のサーベイランス(定期)審査を受審しました。

 

学長面談の様子

 

審査の様子

 

 秋田大学は、平成18年度から国際規格に準拠した環境活動を開始し、その活動範囲を広げながら、環境マネジメントシステム構築の基礎であるISO14001認証の取得・維持を行い、環境負荷の低減や組織の運営改善に取り組んでいます。
 平成29年12月14・15日に、ISO14001:2015規格要求事項への適合について、外部審査機関によるサーベイランス(定期)審査を受審しました。初日の学長面談では、山本文雄学長が本学における環境への取り組みについて説明したほか、2日間の審査の中で外部審査員が各キャンパスを訪問してサンプリング調査を行い、本学の環境活動の具体的な内容等について審査が行われました。
 その結果、本学の環境マネジメントシステムが引き続き維持されている事並びに有効に機能している事が確認され、平成30年1月4日付で認証登録維持の決定通知を受けました。
 本学では、今後も継続して環境に配慮した大学運営に努めていきます。