平成28年度 介護福祉職のためのフィジカルアセスメント「医療的マインドを持った介護職講座」~医療につなぐ新しい介護の視点~

下記のとおりイベントを開催します。

主催・共催・協力 主催:秋田大学大学院医学系研究科附属地域包括ケア・介護予防研修センター
共催:秋田大学地方創生センター
協力:横手市健康福祉部地域包括支援センター/秋田大学横手分校
日時 平成29年3月11日(土)9:30~16:00
場所 朝倉公民館/あさくら館(横手市朝倉町6-38)
内容  秋田大学は平成29年3月11日(土)、「平成28年度 介護福祉職のためのフィジカルアセスメント「医療的マインドを持った介護職講座」~医療につなぐ新しい介護の視点~」を開催します。
 地域包括ケアシステムの中で、高齢者の生活を支える介護職の役割は日々重要となってきています。厚生労働省の「植木鉢モデル」においては、医療・介護・予防の一体的な提供が示され、介護職に「医療的マインド」をもって具体的な生活場面のアセスメント(身体状態の評価)の内容を医療側に伝達することが求められています。介護職の皆様の中には、療養者様の介護において「これは医師や看護師に報告すべきことなのだろうか?」と悩まれた経験がある方も多いのではないでしょうか?本講座では生活行為別に「医療につなぐための新しい介護の視点」というテーマを設定し、医療につなぐためにはどのような視点を持って介護すればよいのか、フィジカルアセスメントの視点から解説いたします。

※詳細は別紙の広報チラシをご覧ください。
対象 県南地区で勤務されている介護福祉職の方等(資格の有無は不問)
(先着20名程度/要申し込み)
参加費 無料
問合せ先 TEL:018-884-6557
FAX:018-884-6557
E-mail:chiiki@hs.akita-u.ac.jp
担当:秋田大学大学院医学系研究科附属地域包括ケア・介護予防研修センター佐藤