細胞集団が同じ方向を向く現象の制御機構を解明 米国科学雑誌「Cell Reports」に研究成果を発表

 

 秋田大学大学院医学系研究科 細胞生物学講座の山崎正和准教授、鮎川友紀博士研究員らの研究グループは、北海道大学電子科学研究所 動的数理モデリング研究分野の秋山正和助教、秋田大学生体情報研究センターの佐々木雄彦教授、秋田大学大学院医学系研究科 細胞生物学講座の妹尾春樹教授らとの共同研究により、組織構築に重要な平面内細胞極性(planar cell polarity, PCP)と呼ばれる現象に関する新たな機構を発見しました。・・・・・