資源・素材&EARTH2017企画展「日本とオーストラリアの鉱山VR体験 -鉱山バーチャルシステム-」

 

 秋田大学と凸版印刷株式会社は、鉱山開発の現場を仮想体験できる「バーチャル鉱山実習システム」を2014年に共同で開発し、秋田大学にて2014年4月より講義などで活用しています。大学の講義での活用は国内初となります。
 この度、北海道大学で開催される『資源・素材&EARTH2017企画展「日本とオーストラリアの鉱山VR体験 -鉱山バーチャルシステム-」』(主催:秋田大学国際資源学部)では、日本とオーストラリアの最先端の鉱山VRコンテンツをヘッドセット型VRで体感できます。・・・・・