「平成23年度秋田市自主防災リーダー研修会」で鎌滝准教授が講演しました。

 

 

 平成24年3月10日(土)、秋田市北部市民サービスセンターを会場に「平成23年度自主防災リーダー研修会(秋田市主催)」が開催され、地域創生センターの鎌滝准教授が基調講演の講師を務めました。
 講演では、自主防災組織においてリーダーや地域住民がとるべき行動、役割のほか、地震発生のメカニズムや東日本大震災の被害状況について説明しました。自主防災組織の活動については、平常時と発災時においてとるべき行動の具体を挙げ、参加者である自治会等のリーダーが意識して行動する必要があると説明しました。
 今回の研修会は、秋田市北部の自治会等のリーダーを対象としているため、沿岸部に居住している方も多く参加しました。参加者は津波、地震災害が発生した場合を想定し、自治体でどのような行動をとるべきかを考えながら、緊張した面持ちで講演を聞いていました。
 研修会では講演のほか、秋田市における津波避難ビルの場所の説明、日ごろの防災訓練・研修会における地域が抱える課題についてのグループ討議を行い、災害が発生した時に、被害を最小限にするためにとるべき行動や意識の持ち方などについて考える機会となったようです。

 地域創生センター地域防災部門では、シンポジウムや講演会、出前講義等を通じて広く秋田県の安全・安心のための活動を行っています。県内の防災・地震におけるご相談等がありましたらお気軽にご連絡ください。
地域防災に関するご相談はこちらから