北秋田分校公開講座「巨大噴火の遺産、胡桃館遺跡」を開催しました。

 

林信太郎教授

 

満員となった会場

 

 秋田大学北秋田分校公開講座「巨大噴火の遺産、胡桃館遺跡~火山防災・地域活性化への活用を目指して~」が3月24日(土)、北秋田市交流センターで開催され、秋田大学教育文化学部自然環境講座の林信太郎教授が講師を務めました。
 北秋田市の胡桃館遺跡は平安時代に起きた十和田湖巨大噴火の遺産として、自然科学的、歴史科学的に見ても普遍的な学術的価値を持つものです。
 講演で林教授は「胡桃館遺跡は915年の噴火によりタイムカプセルのように閉じ込められ、それを掘り出すと当時の歴史、文化がわかる貴重な文化的資源である」と述べ、噴火の動画や実験を交えながら解説しました。また、教育資源や観光資源としてもいろいろな分野の学問がリンクしているとして、ユネスコの世界遺産、ジオパークへの活用についても説明しました。
 受講生の方々は胡桃館遺跡と十和田湖巨大噴火の関連性や地域活性化に向けた取り組みについて熱心に聴講していました。