地域創生センター鎌滝准教授が横手市立横手南中学校で地震・防災に関する講義を行いました。

 

 

 9月12日(水)、横手市立横手南中学校全校生徒を対象として、地域創生センター鎌滝孝信准教授が「地震・津波から命を守るために」をテーマに講義を行いました。
 鎌滝准教授は「横手市付近にも活断層は存在する。いつ地震が発生するか分からないので、普段から備えておくことが大事」と授業を始めました。そして、命を守るためには、今日のような地震・防災に関する授業を繰り返し行い、正しい知識を身につけること、災害が発生した場合は自分で判断し行動できるようになることが重要と説明しました。
 また、秋田県内で過去に発生した地震災害を紹介し、「地震は繰り返し発生するため、県内、そして横手市で発生する地震を想定し、避難場所などを日頃から考え対応できるようにしておくことが必要」と述べ、横手南中学校での授業を終えました。

 地域創生センター地域防災部門では、シンポジウムや講演会、出前講義を通じて広く秋田県の安全・安心のための活動を行っています。県内の防災・地震におけるご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。