防災教育外部指導者派遣事業において、鎌滝准教授が男鹿市立船川第一小学校で講義を行いました。

 

 

 

 12月13日(木)、男鹿市立船川第一小学校3、4年生を対象として、地域創生センターの鎌滝孝信准教授が「地震による建物の揺れ方に関する実験,津波の特徴に関する水槽実験」と題し講義を行いました。
 船川第一小学校は高台に位置する学校ですが、海からほど近い場所にあります。そのため、日頃から地震・津波に関する防災教育を教員、児童とも熱心に行っているようであり、この出前授業も、年に2回設定している重点指導期間における事業の一つとして実施しました。
 鎌滝准教授は、船川第一小学校が海に近い学校であることから、津波について特に詳しく説明しました。津波発生のメカニズム、津波の早さ、そして威力について映像を交えて解説すると、児童からは「怖い」という声があがり、普段から津波災害について自分達のこととして考えている様子がうかがえました。
 授業の後半では、津波の発生について、実験により体験しました。児童は、津波の威力は堤防をも越えるものであることに気づき、講師に質問をする場面もありました。実験も含めた授業を行うことで、津波に負けない防災意識の高い児童になることを願い船川第一小学校での出前授業を終えました。

 地域創生センター地域防災部門では、シンポジウムや講演会、出前講義を通じて広く秋田県の安全・安心のための活動を行っています。県内の防災・地震におけるご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。