SSN秋田学生復興支援ネットワーク活動報告会において、鎌滝准教授が講演を行いました。

 

鎌滝准教授の講演の様子

 

SSNの活動年表

 

 1月19日(土)、SSN秋田学生復興支援ネットワーク活動報告会が、秋田市民交流プラザALVEきらめき広場にて開催されました。SSN(Student Support Network)は、秋田大学、秋田県立大学、国際教養大学の学生ボランティア団体から成る組織で、東日本大震災の被災地支援活動を継続的に行っています。結成後初となるこの報告会は、被災地の現状を伝えるとともに、秋田でも防災・減災意識を高めようと企画されました。
 この報告会の中で、地域創生センターの鎌滝孝信准教授は「地震や津波から大切な命を守るために…」と題し講演を行いました。はじめに「全国各地どこにいても地震が発生する可能性がある。私たちが住む秋田県でも、今後発生しうる地震を想定し備えていくことが必要」と、秋田県で防災・減災対策をする必要性を述べました。また、地震は同じところで繰り返し発生することから、秋田県周辺で過去に発生した地震を取り上げ、地盤隆起や津波、家屋倒壊などの被害があったことを説明しました。そして、秋田県で注意すべきこととして、内陸直下型地震や秋田県沖の地震空白域での地震、遠方で発生した地震による津波被害などを挙げると、参加者は具体的な被害の可能性を知り防災意識を新たにしているようでした。講演終了後には「雪国ならではの地震被害」や「秋田県での防災教育」などについて質問があり、多くの方々が防災・減災活動に興味を抱いていることがうかがえました。
 このほか、報告会では被災地で撮影したムービー上映やトークセッション、年表・動画によるSSNの活動紹介、子ども向けの防災教室など様々な企画があり、来場者にとって楽しみながら防災・減災活動について考える契機となったようでした。
 
 地域創生センター地域防災部門では、シンポジウムや講演会、出前講義を通じて広く秋田県の安全・安心のための活動を行っています。県内の防災・地震におけるご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。