美郷町自主防災組織防災講演会において、鎌滝准教授が講演を行いました。

 

 

 7月26日(金)美郷町自主防災組織防災講演会において、地域創生センター鎌滝孝信准教授が美郷町民約70名を対象に講演を行いました。
 この講演会は、美郷町の自主防災組織及び未設立地区の住民を対象とし、秋田県が認定する自主防災アドバイザーなどの講演により、地域住民の防災意識の高揚を図るために実施しているものです。鎌滝准教授は「これからの地震防災・減災活動 地域防災力の向上を目指して」と題し、自主防災組織の活動や美郷町近郊で過去に発生した地震などについて講演しました。自分の命は自分で守る「自助」を徹底すること、そして自主防災組織などにより自分達の町・仲間を守る「共助」を強化することについて説明し、自分達で考え行動することが重要であることを述べました。また、自主防災組織を設立したことに満足しないで、より積極的に防災訓練へ参加するなどをして欲しいと、地域住民の活発な活動を促しました。
 美郷町自主防災組織研修会での講演は今年で2回目となります。このような機会を継続して実施することが参加者の意識の高揚に繋がり、また知識も増えていきます。これからも不断に続け、より多くの住民が地域の防災・減災活動で活躍できるようになることを期待します。

 地域創生センター地域防災部門では、小中学校、自治体、企業等への講演会、出前授業等を通じて、広く秋田県の安全・安心のための防災教育活動を行っています。県内の防災・地震におけるご相談がありましたら、お気軽にご連絡ください。