第17回「産学イブニング・サロンあきた(SESSA)」を開催しました。

 

話題提供する宮川教授

 

懇親会の様子

 

 秋田大学産学連携推進機構は8月22日(木)、大学会館1階にて第17回「産学イブニング・サロンあきた(Sangaku Evening Salon for Strategic AKITA、SESSA)を開催しました。
 今回は秋田工業高等専門学校機械工学科の宮川豊美教授から「空圧駆動の手指拘縮予防装置の開発」と題して、ヒューマンメカトロニクス技術と、空圧アクチュエータを用いた手指リハビリテーション支援装置について話題提供していただきました。発表後は、軽食を交えて意見交換会を行いました。
 次回は9月26日(木)に開催予定です。引き続き、企業・産業支援機関の方の積極的な参加をお待ちしています。お問い合わせおよび参加申し込みは秋田大学産学連携推進機構(TEL:018-889-2712 E-mailstaff@crc.akita-u.ac.jp)までお願いします。