「第3回自主ゼミ~ブランディングイメージ~」(H22.7.22)

 

 第3回目の自主ゼミ講師は羽後町の料亭・株式会社櫻山代表取締役の榎本鈴子氏。オリジナル商品の紹介から、ブランディングイメージ確立の手法を学びました。
 地元でも高級料亭と呼ばれる櫻山は、料理だけでなく建物や庭園への評価も高く、それらに対するブランディングイメージをもとに様々なオリジナル商品を展開しています。例として、東京の百貨店でも販売したことのある「クロワッサンラスク」を紹介し、櫻山のブランディングイメージに合わせ、パッケージ製作や陳列の方法にまでこだわったと説明。商品を売り出す際には、ブランディングイメージを考えてそれに合わせた商品開発を行うことが大切であると述べました。
 学生たちは、今後進めていくいぶりがっこの「ブランディング」をどうするか、それを考える際のポイントを学びました。