平成29年度SD研修を開催

 

講演する山本学長

 

会場の様子

 

窓口対応を学ぶグループワーク

 

 秋田大学は12月15日、教職員を対象にSD研修を開催しました。この研修は「秋田大学の現状と今後進むべき方向性について」をテーマに、山本文雄学長の講演を通じて全教職員の共通理解を深めるとともに、本学の掲げる「学生第一」の目標を達成すべく、学外から専門の講師を招いて実践的な学生対応について学ぶものです。
 山本学長からは「教職員一人ひとりが危機感を共有し、力を合わせて大学発展に貢献してほしい」と話があり、本学の抱える課題や今後のビジョンについて、教職員一同が共通の理解・認識を持って業務に臨むよう伝えました。
 また、学生対応については、株式会社インソースの藤田美代子氏を講師に招き、窓口での丁寧なやり取りや相談への対応など、具体的な場面における適切な窓口対応を学びました。