北東北国立3大学連携推進会議連携協議会・男女共同参画シンポジウムを開催

 

挨拶する山本学長

 

講演する中野文部科学省生涯学習政策局男女共同参画学習課長

 

講演する稲葉京都大学理事・副学長(男女共同参画・国際・広報担当)

 

秋田大学の取組みを報告する山名学長補佐(男女共同参画担当)

 

パネルディスカッションの様子

 

 1月17日、秋田大学地方創生センター2号館において、平成29年度北東北国立3大学連携推進会議連携協議会男女共同参画シンポジウム「これからもずっと輝き続けるためにパートⅡ~多様性を活かす職場環境を考える」が開催されました。このシンポジウムは、平成22年から弘前大学、岩手大学、秋田大学が毎年持ち回りで開催しているものです。
 本学の山本文雄学長の挨拶の後、文部科学省生涯学習政策局の中野理美男女共同参画学習課長が「男女共同参画推進に向けた大学への期待」と題して特別講演を行い、学生・教職員・地域の男女共同参画推進における大学の役割について述べました。続いての基調講演では、京都大学の稲葉カヨ理事・副学長(男女共同参画・国際・広報担当)が、「男女共同参画推進の現状と課題-京都大学での女性研究者支援を通じて-」と題し「女性を対象とした限定的な取組みでは女性の活躍は進まない。働き方改革、男性の意識改革、女性の意識改革を同時に展開していくことが必要である。」と話しました。
 シンポジウム後半は、3大学における多様性を活かすための取組みについて各大学より報告があり、秋田大学からは、山名裕子学長補佐が、本学の女性研究者支援や男性看護師支援の取組みなどについて報告しました。続くパネルディスカッションでは、弘前大学の大河原隆理事、岩手大学の菅原悦子理事、秋田大学の近藤克幸理事がパネリストとして、中野文科省男女共同参画学習課長、稲葉京都大学理事がコメンテーターとして登壇。「多様性を活かす職場環境を考える」をテーマに、理事の立場から各大学の取組みや課題等について発言した後、活発な意見交換が行われていました。