平成30年度新入生オリエンテーションを実施

 

学生生活について説明する志立理事・副学長

 

健康管理などについて説明する伏見保健管理センター長

 

留学制度などについて説明する小川理事・副学長

 

 秋田大学は4月5日、秋田県民会館で平成30年度新入生オリエンテーションを実施しました。
 このオリエンテーションは、学部新入生に向けて毎年度入学式と同日に開催されており、新入生が安心して大学生活を過ごし、日々の学習が有意義かつ充実したものとなるように、学内の各部署が連携し行っている各種支援業務の紹介や、窓口の活用を促すために実施しているものです。
 オリエンテーションでは、志立正知理事(教育・学生・地方創生・広報企画担当)・副学長から学習の心得や学生生活のサポートについての話があったほか、保健管理センターの伏見雅人センター長から心身の健康管理や友人・保護者との関わり方について、国際交流センター長を務める小川信明理事(研究・産学連携・国際交流・国際戦略担当)・副学長から大学及び関係機関が実施する海外留学制度や支援体制について説明がありました。
 新入生らは、これからの学生生活を意識しながら、真剣な表情で話に耳を傾けていました。