平成30年度キャンパスクリーンデーを実施

 

教職員・学生を前に挨拶する山本学長

 

率先して清掃活動する山本学長

 

教職員をはじめ多くの学生も参加した

 

 秋田大学は6月5日、手形及び本道キャンパスで「キャンパスクリーンデー(構内一斉清掃作業)」を実施しました。
 この活動は、例年本学の環境美化を図るとともに、教職員・学生の環境保全意識を高め、教育・研究の一層の推進に資することを目的として実施しており、大学の構内に落ちている紙くず・空き缶・落ち葉等の清掃を行うものです。
 作業に先立ち教職員・学生を前に挨拶した山本文雄学長からは「大学という学びの場にふさわしい環境となるよう、ケガや体調に気をつけながら清掃活動に取り組んでほしい」との話がありました。
 作業開始の時間になると教職員・学生らは、事前に割り振られた担当エリアに分かれて清掃活動を始め、落ち葉や小さなゴミを拾うなど、細かい箇所まで清掃することを心がけながら、大学構内の環境美化に努めました。