秋田大学、「教育の内部質保証」FD・SDセミナーを開催

 

講師の土屋特任教授

 

セミナーの様子

 

 秋田大学評価・IRセンターは2月27日、大学改革支援・学位授与機構研究開発部特任教授の土屋俊先生を講師に迎え、「教育の内部質保証」をテーマにFD・SDセミナーを開催しました。

 第3巡目の機関別認証評価の重点項目における内部質保証とはどのような活動を示すのか、内部質保証の体制を構築し、機能させていくとは具体的にどのようなことなのかについて、知見を深めることを目的に、学長・理事・監事などを含む87名の役職員が参加しました。

 講演では、3巡目の基準の構成とポイントについて説明され、さらに2巡目までの認証評価を通して、多くの大学が教育の内部質保証を実践していることを確認しているが、より高いレベルで実現するためには、全学全体として体制やシステムを必要に応じてチェックし、見直し改善する機能が必要であること等の説明がありました。

 終了後、参加者からは「本学における内部質保証について考える良い契機になった」「認証評価について理解を深め、本学の改善向上に前向きに取り組みたい」といった声が寄せられるなど、認証評価や内部質保証への理解と関心を高める契機となりました。

 今回のセミナーを通じて、改めて大学の理念や目標の実現のために教職員誰もが責任を持ち、構成員それぞれが深く関わることで自己点検評価し、継続的に改善・向上を図るといった考えを持ちつつ、本学の特色を活かした内部質保証体制の構築と改革を進める機運が高められました。