「第1回学長と学生との懇談会」を開催 柔道部が全日本学生柔道優勝大会の結果を報告

 

全日本の報告をする近藤主将

 

懇談会の様子

 

柔道部の三戸監督(中央)

 

山本学長からの質問にこたえる部員たち

 

 秋田大学は6月29日、「第1回学長と学生との懇談会」を開催しました。今回は、平成28年度全日本学生柔道大会(以下、全日本、期間:6月25、26日、会場:東京・日本武道館)に出場した秋田大学柔道部を招いて行われ、三戸範之監督(教育文化学部教授)と部員たちが学長室を訪れました。
 全日本では、男子団体は1回戦で今大会の準優勝校である日本大学と対戦し敗れました。女子3人制は部員が2人のため、最初から1敗分のハンディを背負いながらの試合となりましたが、2年連続8強入りを決めました。
 近藤大地主将は「男子女子共に私立大学の強豪校との対戦で敗れはしたものの、自分たちの力を出し切ることができた」と報告。三戸監督は「男子団体は、体格、体重的に上回る相手との対戦となったが、粘り強く相手にぶつかっていた。女子3人制は4強入りまであと一歩だったが、全国の舞台で実力を示すことができた」と評価しました。
 山本学長は柔道部の健闘をねぎらい、「皆さんのひたむきさに感動した。再び全国の舞台に立ち、活躍できるよう稽古に励んでほしい」と話しました。
 懇談会では、全日本の報告のほか、部活動や学生生活についても話が広がり、部員たちからは「勉学、部活動と充実した日々を送っている。稽古はとても厳しいが、体力面、精神面を鍛えることができている」「稽古を通じて、成長することができている。文武両道を実践していきたい」などの話がありました。
 秋田大学柔道部は、秋に開催される全日本学生柔道体重別選手権大会・団体優勝大会への出場に向けて稽古に励んでいます。