平成30年度産学連携推進機構「客員教授セミナー」を開催

 

 

 

 秋田大学は6月22日、産学連携推進機構の柿本雅明客員教授(東京工業大学・名誉教授)を講師に、平成30年度産学連携推進機構「客員教授セミナー」を開催しました。
 このセミナーは、科学技術に関する最新情報、今後研究開発が期待される研究テーマの紹介、産学連携・知的財産・大学発ベンチャー等に関する専門的知識の提供並びに企業の現場や実務における諸問題の解決法の紹介等を目的に、当該年度に就任した客員教授により、年に数回開催されており、平成30年度第1回目の今回は、柿本客員教授が「高性能高分子の電子材料への応用」と題して、学生および一般市民向けに講演を行いました。
 講演では「高分子の歴史・分類」や「エンジニアリングプラスチック」などについて説明が行われ、参加者らは普段は触れる機会の少ない専門的な知見に興味深く耳を傾けていました。