【北秋田分校】学生が「スノーキャンドルストリートinあに」に参加し地域を盛り上げる

 

模型を使って阿仁鉱山を説明する
海外鉱業研究会の学生たち

 

異人館内にixi.の歌声が響きわたった

 

 2月18日、秋田県北秋田市にある秋田内陸縦貫鉄道の阿仁合駅周辺で「第12回スノーキャンドルストリートinあに」が開催され、秋田大学の学生17名が参加しました。
 このイベントは「冬のまちににぎわいを創出しよう」と地域住民らでつくる実行委員会と阿仁合駅周辺活性化実行委員会が主催し、本学の北秋田分校(濱田純分校長)などが協力して開催されています。
 平成29年は、学生サークルである海外鉱業研究会の学生5名が北秋田市阿仁郷土文化保存伝承館(以下、伝承館)で来館者へボランティアガイドを行い、阿仁鉱山の歴史や鉱物について解説しました。
 また、伝承館に隣接する国重要文化財指定の北秋田市阿仁異人館(以下、異人館)では、アカペラサークルixi.(イクシィ)12名によるミニライブが行われました。旧阿仁鉱山外国人官舎である異人館はルネッサンス風ゴシック建築で、明治12年に建てられました。アーチ型の窓、鎧戸、レンガと異国情緒漂う建物でのライブは幻想的なものとなり、聴衆を魅了しました。