COC+事業の取り組みで教育実習等に関する協定締結をコーディネート

協定書を取り交わす加藤学長(左)と鶴飼教育長(右)

 

 秋田大学では、COC+事業の取り組みにより、東成瀬村教育委員会と共栄大学教育学部並びに教育学専攻科(埼玉県春日部市)との教育実習等に関する協定締結のコーディネートを行いました。
同大COC+事業では、「ふるさと秋田の魅力形成モデルづくり」をテーマのひとつに掲げ、首都圏大学から秋田県の小中学校に教育実習合宿を誘致し、地域の交流人口拡大を目指す活動に取り組んでおり、本締結はこの成果によるものとなっています。
 4月28日に行われた締結式では、東成瀬村教育委員会の鶴飼孝教育長と共栄大学の加藤彰学長が協定書を取り交わしました。鶴飼教育長が「村では教育を通じて交流人口の拡大を目指しており、今回の教育実習の受け入れもそのひとつ。教員を目指す学生にとって大きな経験になるよう村が一丸となって支えるとともに、今回の交流を子供たちの成長に生かしたい」と述べると、加藤学長は「少人数教育、小中連携教育で高い効果をあげている東成瀬村で教育実習できることになった。現場でのさまざまなふれ合いによって、学生は『先生になりたい』という思いが更に強くなるだろう」とそれぞれの期待を語りました。
 本学では、地域再生・活性化の拠点となる大学の形成を目指し、今後も地方創生の取り組みを推進していきます。