秋田大学教育文化学部と秋田県中小企業家同友会が包括的連携協力に関する協定書を締結

 

佐藤学部長

 

協定書に署名した佐藤学部長(左)と日野代表理事(右)

 

 秋田大学教育文化学部と秋田県中小企業家同友会は、それぞれの持つ人材、知識、情報などの資源を活用して相互に協力することにより、秋田県の発展に貢献することを目的として連携協定を締結しました。
主な連携内容は、フィールドワーク型授業における学生の受け入れ、共同研究・調査、講義、講演会等への講師の相互の派遣などです。

 10月1日に秋田大学教育文化学部で挙行された協定締結式では、佐藤修司教育文化学部長と日野亨代表理事による協定書への署名が行われました。佐藤学部長は「秋田県中小企業家同友会には、これまで地域文化学科のフィールドワーク型授業である地域連携プロジェクトゼミで、本学の多くの学生を受け入れてご指導いただいてきた。現在、地域の人材養成のみならず研究についての貢献も本学部教職員に求められるところとなってきている。この協定締結を契機に、地域貢献ができる人材育成の更なる強化および教職員と中小企業家同友会の会員企業との密接な関係の構築をおこなっていきたい」と述べました。日野代表理事からは「これまでの地域連携プロジェクトゼミのような地道な取り組みが包括的連携協定につながり、さらに前進していこうとしている。企業にとっては学生の柔軟なアイディアや創造力を企業の活性化や創造性などにつなげることができるメリットがある。また、学生にとっても働く真の意味を理解し、中小企業の価値を体験することができる社会的に良い機会となっている。ともに協力しながら地域の活性化に少しでも貢献できるようにしたい」と挨拶がありました。

 この協定によって、地域活性化に貢献する人材の養成がさらに充実されるとともに、学部と企業との共同研究・調査等が推進され、密接な関係が拡大・発展していけば、秋田大学の基本理念の実現や秋田県の発展につながっていくものと期待されます。