秋田大学、学生自主プロジェクト「秋大生留学EXPO2018!」を開催

 

イベント会場の様子

 

ポスターセッション形式で説明する学生

 

熱心に説明を聞く山本学長(右)と真鍋監事(中央)

 

 12月18日、秋田大学では海外留学の経験を持つ本学学生が、学生で賑わう大学会館の食堂前にて、学生自主プロジェクト「秋大生留学EXPO2018!」を開催し、ポスターセッション形式で各々の留学経験を紹介するとともに個別相談の機会を提供しました。

 学生による自主プロジェクトは今回が初めての取り組みでしたが、多くの学生が訪れ「気軽に立ち寄れる」「個別の相談や質問をしやすい」等、従来の大学主催の説明会等とは異なる学生ならではの成果もありました。

 今回のプロジェクトは、本学の海外協定校への交換留学や海外短期研修の他「Englishマラソン」、「トビタテ!留学JAPAN」「21世紀東アジア青少年大交流計画(JENESYS)」プログラム等による海外留学を経験した学生が、国際交流センターとも連携しつつ、打合せを重ね開催したものです。

 1月8日からは、第2弾として、毎週火・木曜日に図書館ラウンジで、留学・進路・キャリアなどについて個別に相談できる「Global Cafe」を開催しており、海外留学の裾野を広げる取り組みの浸透が期待されます。