1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 工学資源学研究科

工学資源学研究科

工学資源学研究科

大学院工学資源学研究科は、教育プログラム編成の自由度を増し教育研究の活性化を図るため、平成22年4月より大学院部局化に移行しました。工学資源学部 の設立理念に立ち、新しい研究領域を創出するため、前期課程は学部の学科に対応する8専攻と、秋田県立大学との共同大学院である共同ライフサイクルデザイ ン工学専攻の9専攻で、新たな理念に基づいた後期課程は4専攻で構成されています。
 また、平成24年度に文部科学省の博士課程教育リーディングプログラムに採択され、5年一貫教育システムの資源ニューフロンティアリーダー特別コースを スタートさせました。本コースは、「地球資源学」「資源開発素材」の2コースによって構成され、資源の専門性と応用力、実践力を修得したグローバルリー ダーの育成を目的としています。

前期課程各専攻

国際的に活躍する資源専門技術者、環境技術や先端化学技術に貢献する専門技術者、先端機能材料の開発を目指す専門技術者、マルチメディア社会に即応 できる専門技術者、人と環境にやさしい機械システムの開発に貢献できる専門技術者、創造的エレクトロニクス専門技術者、ノーマライゼーション理念で社会基 盤設計を行う専門技術者の養成。

 平成20年4月には専門知識を事業・経営に活かしてマネジメント力を発揮できる人材養成のため研究科に「MOTコース」を開設。平成24年4月には環境 応用化学専攻、生命科学専攻、共同ライフサイクルデザイン工学専攻を設置。平成25年4月には、秋田県における環境・リサイクル産業の振興・拡大及び環境 教育等に貢献できる人材の養成を目的に、本学履修証明制度による「あきたアーバンマイン養成コース」を開設。

課程 専攻 講座
博士前期課程 地球資源学 応用地球科学、地球システム工学
環境応用化学 分子化学、化学工学
生命科学 生命科学
材料工学 材料物性学、知能材料学、エネルギー材料学、材料開発工学
情報工学 情報工学、数理科学
機械工学 機械物理工学、機械ダイナミクス、システム設計、ロボティクス・福祉工学
電気電子工学 電気エネルギー工学、知能情報通信工学、光・電子デバイス工学、制御システム工学
土木環境工学 福祉環境工学、環境構造工学、地域環境工学
共同ライフサイクルデザイン工学 ライフサイクル戦略学、環境調和型システム工学

後期課程各専攻

地球の資源・物質環境を考えた総合的な資源学の体系化、物質に関する広範囲の知識を総合した開発、組織的なものづくりと生活基盤整備、電気電子技術を基盤とした情報技術の開発。
平成19年10月には、国際的に活躍する人材養成のため「英語による特別コース」を開設。

課程 専攻 講座
博士後期課程 資源学 資源地球科学、資源環境学、環境資源サイクル工学
機能物質工学 機能材料工学、環境応用化学
生産・建設工学 生産システム工学、社会基盤工学 、福祉システム工学
電気電子情報システム工学 電気情報基盤システム工学、電子情報基盤システム工学

さらに詳しい情報は、こちらのページをご覧ください。
工学資源学研究科のホームページへ