1. ホーム
  2. 【22.5.6】「遺体専用」としては県内初 法医科学講座にコンピュータ断層撮影装置(CT)を導入

【22.5.6】「遺体専用」としては県内初 法医科学講座にコンピュータ断層撮影装置(CT)を導入

 秋田大学(学長:吉村昇)は、大学院医学系研究科医学専攻法医科学講座のコンピュータ断層撮影装置(CT)導入に伴い5月11日(火)、本道キャンパス内において運用開始のセレモニーを開催します。
 CT 導入は,遺体専用としては県内初。法医科学講座が取り扱う年間280 件前後の法医解剖において、死因診断や外傷の受傷機転などの判断に威力を発揮すると期待されています。当日は、本橋研究科長と茆原病院長がテープカット。その後、法医科学講座の美作教授がCT の操作方法について説明します。