アプリーレ

アプリーレの由来

「アプリーレ」とは、イタリア語で「開く、開ける」という意味です。「積極的に秋田大学の窓を開放する」ことを意識して名付けられました。

秋田大学広報誌〈アプリーレ〉No.54

●海外資源フィールドワーク●
 平成28年度、国際資源学部においてカリキュラムの目玉とも言える「海外資源フィールドワーク」が、初めて実施されました。3年次の学生約120名が教育の設定するプログラムごとに少数の班に分かれ、世界へ飛び立ち実習を行うカリキュラムをご紹介します。


クリックすると別ウィンドウで電子ブックが開きます。

:aprire54