秋田の冬の行事体験旅行「なまはげ柴灯まつり」を実施しました

 

2月11日(土)、本学の留学生21名が参加し男鹿市への日帰り旅行を実施しました。この行事は、秋田県内の冬の行事を体験することにより、秋田の風土や伝承文化を理解し、留学生生活の一層の充実を図ることを目的に、平成13年度から毎年実施しております。

当日は、男鹿真山伝承館となまはげ館を見学後、祭りの会場となる真山神社へ向かいました。
男鹿真山伝承館でのなまはげ行事再現では、迫力のあるなまはげのふるまいに驚きながらもみんな懸命に写真を撮りながら楽しそうに見学していました。

真山神社では、「なまはげ太鼓」や「なまはげ踊り」、勇壮な「なまはげ下山」の様子などを堪能したほか、祭り後半にはなまはげと何回も握手をするなど、秋田の冬を代表する伝統行事を存分に楽しんだ様子でした。