留学生秋田の冬の行事体験旅行「横手かまくら」を実施しました(2月15日)

 

秋田県南、横手市で行われた「かまくら」に、インドネシア、カンボジア、韓国、ボツワナからの留学生11名が参加しました。「秋田ふるさと村」では「七宝焼き」を体験し、800度の炉で焼かれて完成したそれぞれの作品に盛り上がりました。
最初に訪れたかまくら会場では、小学校のグランドいっぱいに作られたミニかまくらの幻想的な光景を楽しんだ後、「かまくら」に入らせてもらい、水神様にお参りして、ふるまわれる「甘汁」「豆もち」で体と気持ちを温めました。