1. ホーム
  2. 教育・研究プロジェクト
  3. 専門職大学院等教育推進プログラム

専門職大学院等教育推進プログラム

本取組の内容

学校が抱える教育課題が多様化する一方で、これまで教員間で受け継がれ、創られてきた教育や授業に関する実践知が、伝承・創造され難い現状がある。教員の 年齢構成の偏りもあるが、この実践知の伝承と創造のシステム自体が衰退してきていることが課題である。本取組では、学校現場において教育研究を推進する教 員-『教育研究リーダー』-の養成を目指し、教員養成と現職教育を統合したプログラムを設けることを通して、実践知の伝承と創造のシステムを構築する。具体的には、「教員養成と現職教育のミューチュアルエントリー・システム」と「幼小中高特の学校ボランティア」に取組む。

ミューチュアルエントリー・システムによる実践知の伝承と創造

大学教員と現職教員、指導主事が相互乗り入れで授業「ミューチュアルエントリー授業」を行い、共同で検討することを通して、教育実践に根ざした協議、改善 策の検討を行なうことが可能となる。これらのミューチュアルエントリー授業の記録を映像・教材データベースとして構築し、Web上検索きるようにする。

幼小中高特の学校ボランティアを通した実践知の伝承と創造

学校ボランティアを幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校へと拡大するとともに、教職志望学生と現職教員が共同で教材研究や教材開発等を行う環 境を充実させ、現職教員から教職志望学生への実践知の伝承、そして教職志望学生と現職教員、大学教員によって実践知を創造していくシステム作りを行なう。