平成29年度 秋田創生COC+協議会後援
第2回秋田ものづくりオープンカレッジin秋田大学が開催されました

 10月26日(木)、秋田大学において第2回「秋田ものづくりオープンカレッジ」が、昨年度に引き続いて開催されました。
このイベントは、秋田大学と秋田県の主催によるもので、就職活動中の学生だけではなく、1・2年次の学生に対しても、早い段階から県内企業をアピールし、認知してもらうよい機会となっていることから、県内学生の県内就職につながる取組を進めている「秋田創生COC+協議会」として、初めて後援させていただき、協議会会員への周知に協力させていただきました。

 第1部では「あきたの元気なものづくり企業展」として、手形キャンパス大学会館に特設会場が設けられ、自動車や航空機産業、医療機器分野など、秋田を支える優れた技術をもった企業が30社以上出展しました。
 各ブースには学生が次々と訪れ、和やかな雰囲気のなか、企業担当者の丁寧な説明に興味深そうに聞き入っていました。

 また、同キャンパス60周年記念ホールで行われた第2部「世界にはばたくものづくり講演会」には、学生や職員・企業担当者など約100名の参加があり、パラマウントベット株式会社取締役営業総括部長の坂本郁夫氏から、医療・介護機器の動向、および医療・介護機器参入へのポイントについて、続いて、横手市に本社を置く株式会社アクトラス代表取締役の眞田慎氏から、県内企業の医工連携の取り組みについてご講演をいただきました。

第1部 企業展の様子
 
第2部 講演会の様子