資源・素材&EARTH2017企画展を実施しました

 

 

 

 

 9月26日から28日に『資源・素材&EARTH2017企画展「日本とオーストラリアの鉱山VR体験 -鉱山バーチャルシステム-」』(会場:北海道大学)を行いました。
 本学と凸版印刷株式会社は、鉱山開発の現場を仮想体験できる「バーチャル鉱山実習システム」を2014年に共同で開発し、本学では2014年4 月から、国内初となる講義等での活用を行っています。このシステムでは、臨場感あふれる映像とインタラクティブな操作により、通常入ることが難しい、鉱山開発の現場を疑似体験することが可能で、教育的観点としてはその後の資源に対する興味と学習意欲の向上を、現場的観点としては専門家不足、専門家育成、技術継承等への解決を目指します。
 3日間の会期中は海外の研究者等も多数体験会に参加し、総勢で200名を超える参加を記録しました。ほとんどの参加者は鉱山VRシステムの教育的効果を絶賛していたのが印象的です。今後もこのような機会を多く設け、鉱山VR教育の発展に努めたいと思います。