1. ホーム
  2. 教育推進総合センター
  3. 教養基礎教育
  4. 成績評価と単位認定

成績評価と単位認定

(1)成績評価と単位認定

  • 単位の取得は、所定の受講手続きを行い、授業に出席し、試験に合格することが必要です。
  • 試験は、筆記試験、レポート等により行われ、成績の評価がなされます。
  • 試験は、授業担当の教員が原則として学期末に行いますが、試験のとき、理由なく無届けで欠席したときは不合格として扱われます。
  • 成績の評価は、S、A、B、C、Dで表記され、S、A、B、Cが合格となり、Dは不合格となります。それぞれの記号は100点を満点とし たとき、S……90点以上100点以下、A……80点以上90点未満、B……70点以上80点未満、C……60点以上70点未満、D……60点未満、を表 します。
  • 上記の「60点」等の点数は試験の素点を指すものではなく、複数の評価材料を総合して算出された点数を意味します。

(2)成績評価確認制度

教養基礎教育の成績評価について質問、疑問がある場合、教育推進総合センターを通じて、授業担当教員に確認することができます。各学期末の一定期間 (日程等はあらためて通知します)に、教育推進総合センターに質問書(所定様式)を提出すると、担当教員からの回答をセンターを通じてお知らせします。

成績評価確認制度

(3)試験における不正行為

試験において不正行為を行うことは学生の本分に反する重大な違背行為です。試験に際し不正行為を行った者については、当該学期に履修した全ての教養基礎教育科目について成績評価を判定しません。(秋田大学教養教育科目及び基礎教育科目の成績評価に関する規程・第8条)

不正行為の例示
以下に例示する行為ならびにその他の故意に試験の公正を害しようとする行為を不正行為という。

  1. 他人の代わりに受験すること、あるいは他人に自分の身代わりとして受験させること
  2. 不正使用の目的で作成した文書、携帯電話のメモ帳などを使用すること
  3. 使用が許可されていない参考書・ノート等を使用すること
  4. 机や身体等に不正な書き込みをすること
  5. 他人の答案用紙と交換すること
  6. 他人の答案を筆写し、または筆写させること
  7. 私語・動作等によって不正な連絡をすること