News & Topics

  1. ホーム
  2. News & Topics
  3. 「海外資源フィールドワーク」報告会が行われました。

「海外資源フィールドワーク」報告会が行われました。

資源政策コース報告会の様子

 

資源地球科学コースポスター発表の様子

 

資源地球科学コース報告会の様子

 

資源開発環境コース報告会の様子

 

平成28年度から開始された国際資源学部の特徴の一つである3年次必修科目「海外資源フィールドワーク」が,昨年12月でプログラムが全て終了したことに伴い,事後学習として3つのコースごとに報告会・口頭発表が行われました。

学生は各プログラムごとに,渡航先での聞き取りや地質の観察等の各種調査,現地の企業等で行った野外実習・実験等について発表を行います。
実際の資源開発の現場やそこに生きる人々を見たことで,学生たちが何を考え,何を感じてきたかということの一端を伺うことができる報告会となっていました。

また,他学年の学生も聴講したほか,口頭発表終了後は,発表内容に関する質疑応答も教員・学生に関係なく活発に行われており,会場は熱気に包まれていました。

※「海外資源フィールドワーク」とは,資源に関連する最新の実情について,海外で調査し,学ぶことを目的とした3年次必修科目の実習です。日本国内だけでは体験することのできないダイナミックなフィールドで,世界が直面している資源関連の様々な課題について,習得した専門基礎知識をもって学んでいきます。

    • 研究科長あいさつ
    • 資源政策コース
    • 資源地球科学コース
    • 資源開発環境コース
    • 鉱業博物館
    • 教員による出前講義の申込
    • 秋田大学国際資源学部技術部
    • 秋田大学国際資源学部技術部
    • 秋田大学みらい創造基金