News & Topics

  1. ホーム
  2. News & Topics
  3. 国際資源学部資源政策コース3年生の阿部信吾さん(秋田キャンパスネット 所属:秋田県の大学生団体)が、「大学 SDGs ACTION! AWARDS」で「住友金属鉱山賞」を受賞しました。

国際資源学部資源政策コース3年生の阿部信吾さん(秋田キャンパスネット 所属:秋田県の大学生団体)が、「大学 SDGs ACTION! AWARDS」で「住友金属鉱山賞」を受賞しました。

 

「大学 SDGs ACTION! AWARDS」(主催:朝日新聞社、特別協賛:住友金属鉱山・ドコモ、後援:外務省、国連広報センター、独立行政法人国際協力機構(JICA)、ESD活動支援センター)は、国連が掲げる2030年までの「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成へ向けて活動する大学生らを対象としたコンテストです。今年は第1回目で、3月10日に95件の応募者の中から選ばれた予選通過者の最終選考会が開かれました。

阿部信吾さんは、「東南アジアの都市鉱山ビジネスの調査」というタイトルで、自身が所属する秋田キャンパスネットの活動と、本学部の海外資源フィールドワーク(マレーシア)の調査をもとに、東南アジアの固形廃棄物管理に関するプレゼンテーションを行った結果「住友金属鉱山賞」の受賞となりました。