学部長あいさつ

  1. ホーム
  2. 学部紹介
  3. 学部長あいさつ

地球に対する好奇心から世界の舞台へ

国際資源学部  学部長  佐藤 時幸

 秋田大学の資源学研究・教育は、地下資源探査・開発の技術者養成を目的として明治43年(1910)3月に設立された秋田鉱山専門学校に始まります。秋田大学 はこの100年の間に金属資源や非金属資源、石油資源分野の技術者・研究者を数多く世に送り出すなど、我が国の資源産業界を常にリードしてきました。その間に 培ってきた資源学研究・教育に国際的観点からの機能を強化して新たに設立さ れた国際資源学部は、我が国の資源学ナショナルセンターとして資源学最前線で活躍するグローバル人材を育成します。基礎教育では、一般教育科目に加え特別プログラムで実施される英語科目で実践的な英語力を身につけます。2年次以降 の専門教育科目はすべて英語で行われ、世界の第一線で活躍する教授陣から最 先端の研究成果を学びます。また、海外の資源探査・開発の最前線で実習する「海外資源フィールドワーク」など、本学部には高い専門力を身につけるための特色 あるカリキュラムが用意されています。

 石油鉱床や多くの金属鉱床、2000万年前から現在までの地層を観察できる男鹿半島など、資源学研究に最適で魅力あふれる秋田エリア。この地で、地球に対 する好奇心にあふれた学生との出会いを楽しみにしています。

国際資源学部  学部長
佐藤 時幸