english

研究者紹介

    テニュア取得教員 Lecturer
    ●福山 繭子 Fukuyama Mayuko
    ●山田 学 Yamada Manabu
    博士研究員 Postdoctoral fellow
   
    過去に在籍した研究者 Former members
    ●牧(菅) 賢志 Maki Kenshi
    ●岡林 識起 Okabayashi Satoki
    ●Muniyappan Rajiv Gandhi Muniyappan Rajiv Gandhi
    ●Kunda Uma Maheswara Rao Kunda Uma Maheswara Rao

 

山田 学(やまだ まなぶ)

山田 学

● プロフィール

平成15年3月
国立秋田工業高等専門学校 物質工学科 修了
平成17年3月
国立秋田工業高等専門学校 専攻科 環境システム工学専攻 修了
平成19年3月
秋田大学大学院工学資源学研究科博士前期課程環境物質工学専攻修了
平成22年3月
秋田大学大学院工学資源学研究科博士後期課程機能物質工学専攻修了
平成22年4月
秋田大学ベンチャービジネスラボラトリー 博士研究員
平成24年11月
秋田大学大学院工学資源学研究科 助教
〜平成28年3月
 
平成28年4月
秋田大学大学院理工学研究科 助教
〜平成29年3月
 
平成29年4月
秋田大学大学院理工学研究科 講師(テニュア取得)
〜現在
 

● 研究分野

有機合成化学、超分子化学

● 研究キーワード

レアメタル、抽出剤、チアカリックスアレーン、直鎖状オリゴマー

●研究課題

レアメタル等の金属回収技術のための新規レアメタル抽出剤の開発および機能評価
環状化合物の誘導体の合成とレアメタルとの金属錯体の超分子構造解析おびよガス・蒸気吸蔵能の検討

●研究概要

 現在のハイテク製品(ハイブリット車・太陽電池など)には多くの希少金属(以降、レアメタル)が使用されており、我々の生活に欠かすことのできない金属源です。しかし、レアメタルは世界的に埋蔵量が少なく、ある特定の資源国に偏在しています。輸入に頼っている日本にとって、安定した金属資源の供給が必要不可欠です。現在、日本においてはアーバンマイン(都市鉱山)と呼ばれる使用済みの電化製品等のハイテク製品には多くのレアメタルが含まれています。アーバンマインからのレアメタルの回収・再利用する技術を開拓することは、我々の生活においてとても重要であり、また日本の産業発展を支える技術になると考えられます。現状では、溶媒抽出法による分離方法の検討が行われていますが、一般に使用されるレアメタル回収剤は、ベースメタルからレアメタルを分離することは容易であるのに対し、多種多様のレアメタルが混在する系からの特定のレアメタルのみを短時間・高選択・高効率で単離・回収することは困難とされています。本研究では短時間・高選択・高効率でレアメタルを抽出することのできる金属抽出剤の開発を行っています。

●外部資金

公益社団法人日本化学研究会 研究助成金 600,000円
公益社団法人高橋産業経済研究財団 平成28年度研究助成金 1,500,000円

●科学研究費助成事業

若手研究(B) 平成28年4月1日〜平成30年3月31日 4,160,000円

 

 

研究の詳細 研究業績

福山 繭子(ふくやま まゆこ)

福山 繭子

● プロフィール

平成12年3月
熊本大学 理学部 地球科学科 卒業
平成14年3月
熊本大学大学院 自然科学研究科 博士前期課程 修了
平成17年3月
熊本大学大学院 自然科学研究科 博士後期課程 終了
平成17年4月
産業技術総合研究所 専門技術者
平成20年4月
中央研究院 地球科学研究所 博士後研究学者
平成24年2月
秋田大学大学院工学資源学研究科 助教
〜平成28年3月
 
平成28年4月
秋田大学大学院理工学研究科 講師(テニュア取得)
〜現在
 

● 研究分野

同位体化学・岩石学

● 研究キーワード

地球環境、元素挙動、岩石—流体反応、濃集プロセス

●研究課題

地球環境における元素挙動の解明

●研究概要

地球における現在の環境は、元素間の相互作用によって成り立っています。その中で、地球の中の「水」(H2OやCO2などの地殻流体)は、地球の中の岩石を変形させたり、化学反応や物質移動を促進させる重要な役割を担っています。そこで、地殻流体の物理・化学的特徴、岩石との反応に着目して、地球における物質循環を明らかにする研究を行っています。野外調査を行い、岩石や地下水や河川水を採取します。その後、研究室で採取した試料の観察や化学分析を行います。必要に応じて、化学分析手法の開発や標準試料の作成も行います。

●外部資金

一般財団法人日本鉱業振興会 平成28年度研究助成金 660,000円
一般財団法人日本鉱業振興会 平成27年度研究助成金 740,000円
一般財団法人日本鉱業振興会 平成26年度研究助成金 710,000円

●科学研究費助成事業

若手研究(B) 平成28年4月1日〜平成31年3月31日 3,900,000円

 

 

研究の詳細 研究業績 

 

 

Yamada Manabu

Yamada Manabu

● PROFESSIONAL EXPERIENCES

Since April 2017
Lecturer, Akita University
Since November 2012
Assistant Professor, Akita University (Tenure-track faculty)
April 2010-October2012
Postdoctoral Fellow, Venture Business Laboratory, Akita University
 

● EDUCATION

March,2010
Doctor of Engineering at Department of Advanced Materials Engineering, Graduate School of Engineering and Resource Science, Akita University
March,2007
Master of Engineering at Department of Material-Process Engineering & Applied Chemistry for Environments, Graduate School of Engineering and Resource Science, Akita University
March,2005
BSC at Advanced Engineering Faculty, Environmental System Engineering Course, Akita National College of Technology
March,2003
Associate degree at Department of Applied Chemistry, Akita National College of Technology

● FIELDS OF RESEARCH

Synthetic Organic Chemistry, Supramolecular Chemistry

● KEYWORDS

Rare Metals, thiacalixarenes, acyclic oligomers, Metal extractants

● PROJECT

Development and functional estimations of new extractants for rare-metal recovery.

● OUTLINE OF RESEARCH

 Present high-tech products (hybrid car, solar cell and so on) use many rare metals which are very important metal resources in our lives. However, the amount of rare metals is so small and only some particular countries (China, Africa, etc) have these resources. On the other hand, Japan is heavily relying on imported rare metals so stable supply of metal resources is absolutely crucial. Rare metals are contained in used high-tech products such as electrical appliances and they are called secondary resources (urban mine). Developing separation and recycling technology from urban mine for rare metals is of considerable importance for our lives and industrial progress. So far, separation of rare metals from urban mine by the solvent extraction is under review. Although general extracting reagents can easily extract rare metals from base metals, these reagents can hardly separate particular rare metals from various precious metals, which also is time-consuming and inefficient.
 Therefore, novel reagents that can separate precious metals effectively are required. In this research, we are aiming to develop highly selective and highly effective extractants for rare metal recovery.

DETAILS OF RESEARCH PUBLICATIONS

Fukuyama Mayuko

Fukuyama Mayuko

● PROFESSIONAL EXPERIENCES

Since April 2016
Lecturer, Akita University
February 2012-March 2016
Assistant Professor, Akita University (Tenure-track faculty)
April 2008-February 2012
Postdoctoral Fellow, Institute of Earth Sciences, Academia Sinica (Taiwan)
April 2005-May 2008
Researcher, Geological Survey of Japan

● EDUCATION

March, 2005
PhD Science (Earth Science) at Kumamoto University
March, 2002
MSC at Kumamoto University
March, 2000
BSC at Kumamoto University

● PROFFESIONAL AFFILIATION

  • Geological Society of Japan
  • The Japanese Association of Mineralogists, Petrologists, Economic Geologists
  • The Society of Resource Geology
  • The Geochemical Society of Japan
  • The Mass Spectrometry Society of Japan
  • American Geophysical Union
  • Asia Oceania Geosciences Society
  • European Association of geochemistry

● FIELDS OF RESEARCH

  • Metamorphic geology and petrology
  • Isotope geochemistry

● KEYWORDS

Fluid-rock interaction, Mineral resource, Mass transfer, chemical reaction, elemental cycle on the Earth

● PROJECT

Analysis of mass transfer processes during the crustal evolution on the Earth

● OUTLINE OF RESEARCH

 My research has focused on the coupled phenomena of mass transfer and chemical reaction in the subduction system and arc magmatism. I approach these through the fieldwork and the analysis of elemental concentration and isotopic ratios in minerals and rocks. Recently my research direction has been toward the application of isotopic systems to date the geological event and/or as a tracer of the evolution history of metals in crusts. I have also involved with the development and application of non-traditional isotopes specially Ag.

DETAILS OF RESEARCH PUBLICATIONS